弁護士本田正男のBlog Page


 毎日聴いている音楽その他についての感想などを書いています。

 弁護士としての活動については,所属する法律事務所(川崎総合法律事務所)のホームページなどをご参照ください。

 以前のブログページについては,こちらをご参照ください。

iPad Pro 9.7

新しい iPad がでましたね。9.7インチの iPad Pro です。これはもう紛う事無く究極のタブレットですね。一つ前の iPad Air2も軽くてよかったですが,横向きにして画面を使っているときに,右の方からしか音がでなかったのは,ちょっと残念でした。

 iPad Pro の場合だと,4つのスピーカーで,特に横にしたときのステレオ感は良好だし,そもそも音量音圧自体が全体として圧倒的に強くなって,それに,スピーカーから出る音で躯体自体が振動してしまうという Air の不具合も改善されました。リビングでリラックスした姿勢で,たとえば,Undercurrent のように何度聴いても飽きることのないお気に入りのアルバムが手元で鳴っている時間は,夢にみた人に逢っているような至福のひと時です(2015年の Macbook も本当に音がよくて,ひとり嬉し泣きしていましたが,今回も,何かデバイスを触りながら,何か聴いていないと気のすまない好き者には堪えられない素晴らしさです。)。
    
 ぼくは,ウィンドウズ3.1で動いていた初めて買ったパソコンからノートで,ある意味最初からモバイル志向だったような気がします。96年の夏に修習生の最初のボーナスのすべてをつぎ込んで買った当時最新のソーテックのマシン(たしか,Pentium 133 でした。)もノートで,後期修習では寮に入れなかったために,和光にある研修所まで連日通っていたのですが,その道すがらもパソコンをずうっと触っていました(あの頃はパソコンや表計算ソフトに触るということ自体に今よりずっとわくわくがありました。)。でも,当時はどのノートでもフル充電しても2時間ももたなかったですね。研修所に着いた頃にはバッテリー切れ寸前という状態でした。研修所の教室の中でノートをとったりするのにパソコンを使わせて欲しい,その際に電源を使わせて欲しいと交渉したのですが,駄目でしたね(全員の机にコンセントが設置されていたのにです。研修所の言い分は,パソコンを使える人と使えない人とで不平等だからというものでした。最高裁の護送船団方式は,研修所の教室のコンセントにまで及んでいたという訳です。)。そして,当時のノートは重かったですね。2kgくらいはまったく普通でした。その後弁護士になって,机の前に座っていたのでは,仕事にならないからと事務所を飛び出し,その必然として電車の中でも少しずつでも仕事をすすめておく癖が付きましたが,いつも座れるとは限らないですから,今メモが取りたいというような場合,立ったままでもキーボードを打てるように,画家が屋外で絵を描くのに使うような板を首から下げて,キーボードの置き台にするようなことはできないものかとよく夢想したものでした。
  
 Undercurrent は,1962年4月24日と5月14日の録音ということになっているようですが,ステレオ最初期の録音としては,例外的にステレオの録り方が今と同じです。Beatles でも Dylan でも,アーティストの側では,この時期には,モノラルでのミックスを前提にした製作をしていて,ステレオ盤で聞くと,極端で不自然な分離になっているものが多いですね。エバンスのものでも,たとえば,一番有名な1961年の Village Vanguard のライブでも,小さい会場なのに,ラファロのベースとエバンスのピアノが妙に離れ過ぎていて,モチアンのドラムもエバンスのピアノも綺麗に広がらず,世に二つとない名演の傷になっている様に感じられてしまいます(Sunday At The Village VanguardWaltz For Debby  の2枚のライブ盤だけでなく,比較的最近出た,停電して電源が落ちるところまで丸ごと入っている3枚組の The Complete Live At The Village Vanguard 1961 でも大きくは変わりませんね。これらのレコードでは,観客の立てる笑い声や拍手などの本来は余計なはずの音が分離の不自然さを補っているような気がします。)。そこへいくと,Undercurrent は,基本的には,少し右寄りにジム・ホールのギター,少し左寄りにエバンスのピアノが入っていますが,どちらの楽器もマイクが比較的近く,音像に広がりとかぶりがあって,両者の真剣勝負のようなインタープレイがより親い会話のように捉えられています(エンジニアが誰なのかよく分からなかったのですが,棚にあったLPの復刻版の紙ジャケCDについているライナーで見つけました。Sound - Bill Schwartau とあります。ついでに書いておけば,Undercurrent という言葉を視覚化したかの様な知性と趣味の良さを感じさせるジャケットのモノクロ写真は,Front Cover Photographer - Toni Frissell とあります。
 4スピーカーで左右に拡がる iPad Pro を膝上に置いて聴く Undercurrent いいですね。My Funny Valentine は,万人の認める圧巻の名演ですが,やっぱり,John Lewis 作の佳作 Skating In Central Park のセンチメンタルなところがぼくにとってはクライマックスです。
0 コメント

熊本

今日は終日日弁連で業務改革委員会に出席していたのですが,冒頭黙祷が捧げられ,ご自身も被災されて車内で夜を過ごされたという熊本県弁護士会の山之内秀一委員からご報告がありました。震度7になるとベッドの上を這っているしかなかったというご体験や,トイレを流すために本当に水が貴重なので,普段からお風呂の水は流さないような習慣にしていた方がよいといったお話は,真に迫っていました。

 熊本県弁護士会は,260名ほどの会員数の弁護士会だそうですが,頑張っています。中小企業の経営者の方などを中心に思いもかけないほどの法律相談のニーズがあり,弁護士は頼りにされ,また,会員はみな連日駆け回っていて,山之内先生ご自身,久し振りに弁護士になってよかったと腹の底から思ったと話していらっしゃいました。
 実は,今日は日弁連に向かう前にも一仕事しました。今朝は我が家が小学校の集団登校の際の旗振りの当番の担当日だったのです。工事現場でしか見られないようなまっ黄色のビニールのジャケットを着て,手にも「横断中」と書かれた黄色い旗をもって一足早く家を出たために,NHKの朝の連続テレビ小説を観ることができず,そのため主題歌も聴けなかったのですが,宇多田さんの新曲いいですねぇ。命を謳ったものは,いつでも人の心を揺さぶりますが,父親が死化粧をして,出棺するところを歌詞にした歌なんて過去にあったでしょうか。つい亡くなられてしまった宇多田さんのお母様のことを思ってしまいます。ピアノも春らしい音色で素敵ですが,ドラムの少しだけ跳ねたような音の刻みが前進しようとする意志を体現しているような感じがして演奏の肝になっている様に思えます(島村英二さんのような気がするのですが,裏が取れません。)。
 子どもたちは明日も元気に登校すると思いますが,山之内先生のお話では,活断層は全国に400もあるということですし,先生ご自身自分が生きているうちに,自分の住んでいるところの活断層がエネルギーを放出するとは想定しなかったということです。
0 コメント

母の日

母の日などといっても,もちろん特別な想い出などはなくて,せいぜいもう20年以上も前の司法試験受験生だった頃のことが思い出されます。ぼくが受験していた頃の司法試験というのは春に択一,夏に論文,秋に口述という三段構えで1年がかりの大げさな試験でしたが(択一の前に一次試験というのもあったのですが,それは大学を出ていることで免除されていました。),毎年母の日は,最初の択一式試験の試験当日に当たっていました。そのため母の日などといっても,当時の司法試験受験生にとってはまず最初の関門である択一試験に受かることが母親孝行のすべてだったのです。

 あれから,いつの間にか四半世紀も経過した今日の母の日は,妻と妻のお母さんと,ぼくの母親と4人で王子ホールコンサートに出かけました。母は,もう80代になり,今日もSuicaのカードを改札機の切符を入れるところに入れようとしたり,そのことが後で自分でもおかしくなって笑ってるような状態で,ちょっと一人だと心配もあるような年回りなのですが,この間一つだけ本当に偉いなぁと思っているのは,母が最初に妻に会った日から今日まで(妻が目の前にいてもいなくても)一度も妻のことを悪く言ったことがないことです。勤勉な群馬県人気質の母は,家の中が片付いていないと気が済まない人で,止めないといつまでも部屋の掃除を続けるのですが,妻もぼくと同じように不規則に長時間働いていて,その反動でとても人様をあげられないほど家の中が荒れ果てていても,その状態そのものは耐えられないので,掃除は続けますが,妻の作る料理をいつも美味しいと言ってたくさん食べ,何か買うのでも,何をするのでも,不思議なことに,妻に意見を聞いて,それを尊重するのです。

 妻に,ときどき,自分の長男が嫁を連れてきたら,あんな風に接することができるかね,と話を向けることがあるのですが,今日もコンサートに出かける前に,妻が,ごく普通に,母に化粧をしてあげたり,アクセサリーを貸してあげたりしている様子を横で見ていました。

 

 王子ホールは,久しぶりだったのですが,変わらず,後ろに残らないインティメイトな感じのする響きでした(ずいぶん前に新ウィーン八重奏団を聴きに来た記憶があるのですが,シュミードルのクラリネットがあまりに天国的に気持ちがよくて,せっかくのモーツァルトのクラリネット五重奏の途中で寝てしまったことだけを覚えています。)。

 今日のコンサートは,妻の学校の後輩が主催しているというご縁で,もともとは受動的に母の道案内ぐらいの気持ちで足を運んだのですが,プログラム本編最後の「私の青空」(My Blue Heaven)を会場のみんなで歌ったところでやられました。堀内敬三さんの訳された歌詞は,こんな感じですが,やっぱりサビの「せまいながらも,楽しい我家 / 愛の灯影の さすところ / 恋しい家こそ 私の青空」のところは名訳で,何度も口に出しているうちに自然に涙が溢れてしまいました。

 感動したので,家に戻ってさっそく調べてみると,Apple Music がやっぱりすごくて,「私の青空」で検索するだけで,1927年吹き込みの Genen Austin の最初の音源から,シナトラや,オスカーピーターソン,ピザレリ,ノラジョーンズ,吉田美奈子,安田姉妹などなど30以上の音源があっという間に出てきました。そして,YouTubeは,さらにすごくて,二村定一さんのSPをかけているところをそのままアップしたものや,エノケンさんのものなど何種類も上がっていて,改めて恐ろしい時代になったものだと思った次第です。

 夕食の後,前の日に小学生の長女が母親にプレゼントすると言って,何やらお小遣いで買っていたハンカチを妻に渡していました。たしか,去年まではこんなことはなかったような気がします。

0 コメント

ゴールデンウィーク

今年は,5月5日が木曜日だったので,今日6日一日をこなすとまた週末という嬉しい設定です。午前中人権擁護委員会の正副委員長会議があったので弁護士会館へ向かう途中,横浜公園の脇を歩いていたのですが,(少しばかり埃っぽさはあるものものの,)蒸せ返るようなみどりの空気が漂ってきました。平日とはいっても,お休みの人が多いのか車もあまり通っていないせいなのか,いつも排気ガスの臭気がきつい市役所前のスクランブル交差点の辺りでも風はみどりのままで,いつもの見飽きた風景の中にいながら一瞬自然と触れ合えたような錯覚に囚われました。

 

 この錯覚は,ちょうど聞いていたのが Richard BonaBonafied という2013年リリースの作品だったことにも影響されたかも知れません。
 ボナの名前を最初に意識したのは,多分 SADAO 2000 という文字どおりミレニアムイヤーに出た渡辺貞夫さんのアルバムだったと思います。(今これを書くために,棚からCDを出してきてジャケットのクレジットを見てみたのですが,)ここでボナは,ベースを弾いているだけでなく,アコースティックギターや,ボーカルも担当し,楽曲も提供していて,サバンナの夜明けから日没までの時間の流れを音にしたようなこのアルバムから感じられるアフリカのイメージ作りに共同プロデューサーとして貢献しています。そして,このアルバムが凄いのは,ただ,アフリカっぽく感じられるというだけでなくて,音が何やら神秘的で精神的な領域に達していることが強く感じられる点です。
 その原因が,何よりも貞夫さんの霊妙なアルトの響きにあることはもちろんですが,ボナの作り出す音像に依るところが大きいこともまた間違えありません。その証拠が Bonafied です。マルチプレーヤーで音楽性が高いなどというと,人はすぐそのテクニックばかりに目が奪われますし,実際,ボナに関するネットでの評判などを見ても,ジャコと比較するような類いのものがやたらと目に付きます。でも,Bonafied を聴けば一聴瞭然,出だしのまるで胡弓みたいな音が鳴った瞬間から,精妙で,無垢な精神性の勝った世界が出現し,およそ曲技的な要素は皆無です。英語ですら歌詞の意味はよく分からないことが多いところ,ここでは何語で歌っているのかすら分からないのに(出身のカメルーンの言語なんでしょうか。),アルバムのタイトル通り,誠実なボナの人柄だけはまっすぐに伝わってくるような気がしますし,むしろ,何を歌っているのかわからないことで,人智を超えた何者かに触れているような感じさえします。
 数多の音の洪水の中で,ぼくは,いつからこんな音楽を愛するようになったんだろうなどとつい思ってしまいます。
 
0 コメント

みどりの日

みどりの日と特段整合性はないのですが,天気予報では,悪天候というような話もあったのに,風が強いなぁ思っていたのは昨晩の話で,朝起きてみると快晴で,何か1日分得したような気分になってしまい,結局何をしたのかというと,昨晩から泊まりに来ていた実家で,文字通りの猫の額ほどの庭ですが,ぼうぼうに伸びた木の枝を終日剪定しているうちに日が暮れてしまいました。途中高枝切り鋏が壊れてしまうほどのハードワークで,夕方お風呂に入ると,上半身が至る所痛いのに気づいて,なんだか随分と仕事したような気分ですが,マンション子の子どもたちにとっては,こんな事でも立派な休日の過ごし方になるんだということを実感した一日でした。帽子もかぶらずやっていたためにか夕食のときに妻から焼けたねと言われたのですが,夜ニュースを観ていたら,関東地方は今年初の真夏日だったとのことでした。

 

 ぼくが中学生の頃外で音楽を聴こうと思ったら,ラジカセしかなかったですが(そして,それを外で動かすには,使い切りの乾電池を買ってくるしかありませんでした。),今や,iTunes MatchApple Music のお陰様で,数万曲の自分のライブラリーのすべてをポケットの中に入れ,そのポケットの中のiPhone から Bluetooth で飛ばして,充分大きな音を鳴らすことができるようになりました(ぼくが日常使っているのは,こんな2,000円もしない防水スピーカーです。)。まったくこの数年で,屋外で音楽を聴く環境は劇的に進化しました。それにプレイリスト作って好きな音楽を並べるのもごく簡単というか,意のまま,気分のままにできるようになり,昨日書いたポールの曲なども,もともとシングルでしか出ていないものですが,あらゆる楽曲へのアクセスも実に容易になりました(告白すると,このプレイリスト作りは,行き詰まったときのぼくの手っ取り早い気分転換の方法の一つになっています。)。
 それに,好きなアーティストの場合には,そのすべての作品に触れたくなるものですが,たとえば,Van Morrison などでも,一時期紙ジャケットで再発されたものの,リイシューが途中で終わってしまっていて,レコード棚で紙ジャケが歯っ欠けになっていた Saint Dominic's PreviewHymns to the Silence などを含め全部が聴ける状態で,今日みたいに夕方まで外で作業していてる間中連続してかけていても,発売順にいくと,70年代だけでもすべてを聴ききれない程です。
 ただ,洪水のように音楽に浸れることは昔からみれば夢の生活なのですが,音楽を聴く愉しみが薄まってしまっては何にもならないし,却って,よくないですね。子どもたちを見ていると,Hulu などでシリーズ物のアニメなどを立て続けに観ていたりして,さすがに放置プレイばかりのぼくでも何か言いたくなってくることがあります。1週間に1度30分しか観ることができなかったぼくの方がウルトラセブンは絶対真剣に観ていた自信があります。
 それでも,やはりよいものにふれたときの感動は格別だし,不変であるようにも思います。なんていうと目利きがいいみたいですが,Astral Weeks なんか本当にいいなぁと思うようになったのは,ごくごく最近のことなんですよね。でも,今日みたいな春の日には,これ以上ないほどにいいですねぇ。聴いていて,自分が幸福なのか,不幸なのかよく分からなくなってきたりします。 
0 コメント